うりろぐ

徒然なるままにのんびり好きなことを書いてます。

ここに初めていらした方は、ひとまずカテゴリにある「取説」をご覧くださいませ。

<< 所変われど。 | main | ひといき。 >>
古代の貴重なお薬。
古代のチョコレート、

というのを入手いたしました。
なにそれなにそれ。
気になるじゃん。

「古代チョコ」アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート

バニラ、シナモンとペペロンチーノ(!)と3種類あって、
シナモンとペペロンチーノを購入。


シナモン。


ペペロンチーノ。

古代アステカ王国、チョコが発見されて珍重されていた頃のレシピに
わずかに砂糖を加えただけの、現在のチョコとはまったく違う製法。

表面には白い結晶が浮いて、買ったばっかりなのに、
なんか、漠然と「古いチョコ」っていう見た目。

もうね、じゃりじゃりのざらざら(笑)
カカオバターとかレシチンとか、
そういうなめらか感の出るものが使われていなくて、
カカオの粉感と砂糖の粒と、そういうのがもそもそする感じ。

でもさすがカカオの香りがひときわ高くて、不思議と美味しい。

アステカ文明の頃のチョコレートは食べ物ではなく飲み物で、
すりつぶしたカカオ豆と唐辛子を水に溶かして飲んでたんですって。
カカオの薬理作用を知ってそれをうまく利用していた、
高貴な人しか飲めない貴重な飲み物。

このペペロンチーノとかを水に溶かしてみたら、再現できるのかな…?
ちょっとやってみようw 好奇心、好奇心ww

| うり。 | chocolat | 20:25 | comments(1) |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/08/13 8:26 PM |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>