うりろぐ

徒然なるままにのんびり好きなことを書いてます。

ここに初めていらした方は、ひとまずカテゴリにある「取説」をご覧くださいませ。

<< THEパイロット | main | 所属のご報告 >>
ちょっとしたお知らせ
またまた久しぶりの更新です。
最近は広く告知するタイプのお仕事が少ないので、ついついここを使わず、
生存確認はtwitterで…ってなっちゃう。

さて、今回は私の告知じゃないんですが…

だいぶ昔に亡くなりました父の昔の作品が久しぶりに展覧会に展示されるとの通知をいただきまして、よかったら皆様にもお運びいただければ幸いとここにお知らせしてみます。


東京ステーションギャラリー
「ディスカバー、ディスカバー・ジャパン 「遠く」へ行きたい」展
DISCOVER, DISCCOVER JAPAN
会期:2014年9月13日(土)〜11月9日(日)
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201409_DISCOVER_JAPAN.html


もしお時間ありましたらぜひともお立ち寄りください。

電通のギャラリーには時々展示されてたりするようなんですが、逐一報告のくるものではないのでぜんぜん知らなくて、こういったちゃんとお知らせいただける形のものは久しぶりなので私も楽しみです。父の展示自体は少しなんだとは思うけど。

ところでなんでいまになって父の告知なの…みたいなところもあるかと思うんですが、実は、没後10年近くなって改めてアーティスト・画家であった父の作品を世に残してあげたいねぇ、という思いがありまして。

父は鈴木八朗というアートディレクターで、主に電通で、晩年は個人事務所にて日本の広告業界にたくさんの作品を残しました。
広告なので、基本的には表に名前は出ません。今みたいに「誰々が手がける〜」みたいなのが一般に広く伝わる時代でもなかったし、そういうタイプの人でもなかった。
でも、今でもみんなが知ってるような有名な作品をたくさん手がけ、個人では絵師八朗という名で美貌画といういわゆるポートレイトの個展を何度も開催したくさんの有名人を描きました。
アーティストとして本当に尊敬しているし、自慢の父です。

インターネット全盛時代に微妙に間に合ってないので、webに作品や情報があまり残っていないことが少しもったいないと思っています。
 

いま、ノウハウもツテもなにもない中でかなり手探りなんですが、とある学芸関係の研究をなさっている方にお力をお借りして、細々とではありますが、今後個展や書籍などの何らかの形で作品を残せたらと活動をはじめています。
道のりは遠く、まず10年近く眠っていた作品群を発掘してリストアップするところから。
劣化もあるので復元やらデータ化やら…、それからなんせ広告やポートレイトが多いので権利の問題や肖像権の問題など、クリアしなければいけない問題は山積み!

いろいろ険しいですが、できることからがんばります。
デザインや広告業界に明るい方、学芸関係にお詳しい方、それいがいでも、なにかしらでお知恵やお力をお借りできることがありましたら、なにとぞよろしくお願いいたします。

生前の父を知ってる方とかからお話が聞けたりしたらいいなあとも思ってるんだけど、なんせ年月も経ってしまっているし、いろいろ難しいなーとも思いつつ。

なにかしら、形にできたらいいな。


 

| うり。 | 日々のいろいろ。 | 00:39 | comments(2) |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2015/03/27 9:42 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/02/14 5:54 PM |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>